分かっているが軽視してしまいがちなのが睡眠である。現代人は昔に比べて深夜まで起きていて睡眠時間が大幅に減少し睡眠不足の人が多い。その事により現代人の薄毛化に拍車をかけていると思われる。睡眠中には、皮膚細胞を構成するタンパク質の合成が盛んになり、細胞に栄養をあたえ肌や髪の毛のダメージを修復する「成長ホルモン」や、泌乳刺激ホルモン(プロラクチン)、甲状腺刺激ホルモン、黄体形成ホルモンなど、皮膚や健康にとって有益なホルモンや、抗酸化作用を持つメラトニンなどが分泌されます。その他にも睡眠の効能はたくさんあります。睡眠不足や不規則な睡眠によって、これらのホルモンが不足すれば、皮膚や髪の毛に悪いのは明らかである。また、
髪の毛の成長は夜間に行われ昼間にはあまり成長しません。まず、睡眠で髪の毛が成長しやすい時間を与えてやること、毎日の十分な睡眠を大切にして取るように心がけなくてください。
睡眠不足になるとストレスも溜まります。
睡眠不足が続くとあきらかに抜け毛が増えます。

良質な睡眠は髪の毛のためには欠かせない大切なものなのです。


BACK