成長因子
男性型脱毛症の育毛・発毛で、一番大切なのはDHTの抑制です。
しかしDHTの抑制だけでは、脱毛を減らし産毛を成長させても、その産毛を太い毛に戻し立派な硬毛(ターミナルヘア)に育てる事は難しい事かも解かりません。(人間の体のDHTをすべて完全に抑制する事が出来れば話は別だが・・・!?)

毛の成長にとって決定的なものは、栄養でも女性ホルモンでもなく、成長因子そのものなのです。

髪の毛の成長とは毛乳頭のパピラ細胞の中で成長因子(増殖因子)の遺伝子が発現すること、これに対応する成長因子が分泌されて、次に毛母細胞の成長因子受容体がそれを受け取り、実際に髪の毛が成長するというしくみになっている。
DHTの抑制はもちろん大切な事ですが、衰えた成長因子(増殖因子)を活性化させる事がより一層の太い髪の毛を育て、私たちが望む姿に近づけるのです。
早い話、仮に私たちの頭がDHTの影響を受けようと成長因子が活発に活動を起こせば、髪の毛が元気にグングンと成長できる!発毛・育毛のためには毛の成長因子の産出が絶対に必要です。

毛の成長因子は、例えばIGF-1、HGF、KGF、などが有力で、それらを注入または誘導すれば発毛することは解かっています。

つまり脱毛の抑止するのは第一段階であり、次に発毛させなければより良い育毛にならないのです。
あえて言えば、成長因子が強ければDHTなど抑制しなくても健康的な髪の毛に近づける。

現に多くの男性はDHTにさらされているにも関わらず、ふつうに毛はフサフサです。つまり成長因子が脱毛要因( DHTなどの毛の成長を妨げるマイナス要因)を上回れば、差し引きプラスで毛は成長し続けるのです。


ホーム