5αリダクターゼ(酵素)
5αリダクターゼ(酵素)はテストステロン(男性ホルモン)と結び付いて、ジヒドロテストロン(DHT)に変換する働きがある。それは、男性の薄毛を引き起こし促進させる最も強力な男性ホルモンである。(通常の男性ホルモンの5〜10倍)である。
その強力なDHTがハゲ、薄毛を引き起こす最大の原因である。
5αリダクターゼ(酵素)のタイプには2種類あり、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼのタイプが2種類あることが分かっています。
頭皮では下記の図のように皮脂腺にタイプ1型5αリダクターゼがたくさん存在し、髪の毛をつくり出し活発に成長させるために大切な毛乳頭にはタイプ2型5αリダクターゼが存在する
5αリダクターゼは男性ホルモンを、最大限に高いレベルに変える働きがある。
頭皮の毛根に5αリダクターゼが存在する

そして、最近分かってきた事が男性型脱毛症は1型5α-リダクターゼより、強力に2型5α-リダクターゼの影響を受けるということです。
@5α-リダクターゼ欠損症(2型5α-リダクターゼが欠如している)の男性では、男性型脱毛症が見られない。


A1型5α-リダクターゼは男性型脱毛の前頭部と後頭部の毛乳頭細胞で発現するが、2型5α-リダクターゼは前頭部の毛乳頭細胞のみに発現する。

 5−αリダクターゼは1型・2型対策が必要であるが、特に2型を重点に実施した方が有効である!

また、遺伝的要因も5αリダクターゼが多く生成されるという体質が遺伝するということではないかと言われています。
れは、5αリダクターゼが多く生成されやすい体質が遺伝して薄毛を引き起こすという事です。
薄毛の問題は、5αリダクターゼが大きく握っているのは事実のようです。
これを解消することが、薄毛の根本的な原因を対策することになる。


ホーム