育毛・発毛情報
育毛・発毛に関する最新の情報を記載していきます。
「情報は髪の毛の回復への近道」になります
キウイの種のエキスはジヒドロテストステロンの生成抑制作用がある
この情報は、まだ一般に広まっていない情報であるが本サイトはその情報を入手しました。
キウイ種子抽出エキスの美容効果を調べた結果、キウイの種から抽出したエキスは、5αリダクターゼ
阻害作用があり、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成抑制作用が確認された。
キウイ種子抽出エキス(50mg/day)の摂取前と2週間摂取後では皮脂の量を比較すると、
4名中3名の皮脂量が減少が確認された。
頭皮から分泌される皮脂の酸化に起因する脱毛
頭皮の皮脂が酸化して生じた過酸化物質が脱毛を促進するという事です。
ハゲている人は、皮脂の分泌が過剰な人が多く、ハゲの原因の要素であることは分かっていましたが、
今回、その事実が検証され実証されました。

ホルモンバランスと女性の薄毛の研究結果
ライオンは女性の薄毛に関する研究で、女性ホルモンが減少すると発毛促進シグナル『BMP』の遺伝子発現が低下する事を解明した。また、同社の研究グループは毛髪を作る「毛乳頭細胞」に注目。女性の毛乳頭細胞を培養し、発毛を促進する『BMP』と呼ぶ遺伝子の働きを解析。培養液の中に女性ホルモンを加えると、この遺伝子の量が2倍程度まで増えることを発見した。
鶏卵からの育毛物質、京大が開発

京都大学の吉川教授らは、鶏卵のたんぱく質を原料に育毛を促す働きのある物質を開発した。卵を原料に使って量産できるため、「食べる育毛剤」に道を開く可能性がある。動物実験で効果を確認しており、今後、企業と組んで人での安全性を確かめて実用化を目指す。
発毛促進 唐辛子と大豆でサプリメント
熊本大学院医学薬学部・岡嶋研二助教授らが行った臨床研究で、唐辛子と大豆から抽出した成分で作ったサプリメントによって、発毛促進効果が得られたと発表した。唐辛子と大豆から抽出したサプリメントを3ヶ月間飲み続けたら男性8割、女性3割が発毛を促進し抜け毛も減少したという臨床実験結果を発表。
唐辛子の辛み成分のカプサイシンが、毛母細胞を増やしたり、毛髪の成長期間を延ばす物質を増やす神経ペプチドの一種(CGRP)を放出させることを解明し さらに、大豆に多く含まれるイソフラボンがCGRPを増加させることを、動物実験で突き止めた。
研究は公募した薄毛や全頭脱毛の50人(男性28人、女性22人)を対象に、サプリメントと偽薬のどちらかを説明したうえで与えた。
1日唐辛子2gに相当するカプサイシン6mg、大豆30gに相当するイソフラボン75mgを与えて、3カ月後の変化を調べたところ、男性は18人中17人(78%)、女性は15人中4人(27%)で発毛や増毛を確認した。一方偽薬を与えた17人では、男性は2人、女性は1人に発毛を確認した。
ほかに、脱毛で悩む男性10人にもサプリメントを投与した結果、1カ月で全員の抜け毛が減少した。なかには40歳の男性で服用後2週間で洗髪の際の抜け毛
約3分の1に減ったという人もいた。
同教授は「発毛や抜け毛防止の効果は明らかで、全体的に太く黒々した毛髪が増えている。男性の場合は1カ月で7割に効果があった」とコメントしている。

一般に、カプサイシンは中枢神経を刺激してホルモンの分泌を促し、エネルギー代謝を盛んに行い体脂肪の分解を高める働きがあるため、ダイエットに有効。
カプサイシンは食欲を増進し、抹消神経を刺激して体を温め血行を促進するので、冷え性や肩こりも改善します。また、カプサイシンには胃液の分泌を促しすことで消化を促進する。

ホーム