ハゲ・薄毛の原因

昔から、ヒゲ・体毛の濃い人はハゲると良く言われますが、それは男性ホルモンが原因でハゲるという事です。まずアメリカのハミルトン博士より行われた興味深い実験結果があります。この結果は男性型脱毛症の原因を解明する原点になる重要な結果であると思います。
@ 思春期またはハゲる前に去勢された人、つまり睾丸を摘出され男性ホルモンを作り出せなく なった人はハゲになることはない、又はハゲ進行中の人の睾丸を摘出すると、ハゲはそれ以上進行せず悪くならない。
Aハゲ進行中に去勢され、進行が止まっていた人に男性ホルモンを注射すると、 再びハゲ始める。
Bもともとハゲていなかった男性は、去勢されたあと男性ホルモンを注射してもハゲない。

@の結果から分かる事は、男性ホルモンを作り出さなければ、ハゲない又は進行を止められる。Aの結果から分かる事は、もともとハゲる人は男性ホルモンがあるとハゲる無ければ進行は止まる。Bの結果から分かる事は、ハゲない人は男性ホルモンが多くてもはげない。男性ホルモンがなければ、最低でも進行は止められる。ところが、この結果は 男性ホルモンはハゲになる大きな要因の一つである事が分かるが、ハゲの人とそうでない人の血液中の男性ホルモンの量を調べたところ、ハゲの人とハゲでない人の血液中の男性ホルモンの量はほとんど変わらないことが分かった。したがって、勘違いしやすいが、血液中の男性ホルモンの量が多いからハゲるのではないということです。それでは何が原因なのでしょうか?

毛乳頭や皮脂腺にある還元酵素5αリゼクターゼは男性ホルモンと5αリゼクターゼが結びついた時、さらに強力な男性ホルモンジヒドロテストロン(DHT)になるのです。男性ホルモンは、細胞にあるアンドロゲンレセプター(受容体)にくっ付き、ハゲになるかどうかはこのレセプター(受容体)がにぎっているのではないかと思われる。毛乳頭にあるアンドロゲンレセプター(受容体)とは、男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)を受ける受容体であり、その受容体によってハゲになるかハゲないかが決まる。アンドロゲンレセプター(受容体)の感受性の高いは、禿げやすく、感受性の低い人はハゲにくい。
 ハゲの進行を抑えるためには、体から男性ホルモンが無ければ、ハゲは進行しないがそれは到底無理な事であり、それではどのようにすれば良いかであるが、毛乳頭や皮脂腺の酵素5αリゼクターゼを阻害するのが一番健康的方法である。若い男性の睾丸ではドンドン男性ホルモンが過剰につくられてます。外部からの育毛剤だけではより強力な男性ホルモン5αDHTには勝てません!私は男性ホルモン5αDHT対策にソーパルメットを使ってます。

いずれにしろ育毛には男性ホルモン対策が必要です!

ホーム