男性型脱毛症の謎と解明2

近年では研究も盛んになり、毛の構成組織の培養も行なわれ
男性ホルモンが大きく毛乳頭細胞に関わることも解ってきています。
そして、髪の毛の毛周期は発生期、成長期、退行期、休止期のサイクルを繰り返しますが
男性ホルモンは、思春期以後の髪の毛の毛周期にも大きく影響を与えます。
男性ホルモンの代謝物は、男性ホルモンレセプターとくっついて初めて効力を発揮します。
つまり毛の成長を促したり、抑えたりもする。
男性ホルモンがあっても、代謝されなかったり、
男性ホルモンレセプターと結合しなかったりすると作用しません。
毛が生える部分に、男性ホルモンの存在、代謝、レセプターのすべてがそろって症状がでます。
このため、男性ホルモンを同じように持っていても頭髪の薄さや体毛の濃さが異なることになります。
また、男性ホルモンレセプターはヒゲ、液毛、前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に局在し、後頭部での毛乳頭細胞には殆どみられません。
ハゲの人でも側頭部や後頭部が薄く成らないのは男性ホルモンレセプターが殆ど存在しないために
髪の毛に悪影響を与えないのであろう!と思われる。
また、1型・2型の5αリダクターゼの発現量を比較してみると
感受性のあるヒゲ、液毛、前頭部、頭頂部の毛乳頭細胞では発現量が多く
さらにヒゲ、前頭部、頭頂部の毛乳頭細胞では2型5αリダクターゼが発現しています。
後頭部では1型5αリダクターゼのみ発現が認められ2型の5αリダクターゼは認められていない。
このことから、男性型脱毛症に大きく関与し影響を及ぼすものは男性ホルモンレセプターの存在と2型5αリダクターゼと考えられる。
男性型脱毛症の発症には、男性ホルモンレセプターと2型5αリダクターゼの、両方の強い発現が必要であるといえる。
少し、ハゲ・薄毛の正体が見えてきたのでは、無いではあろうか!!
男性ホルモンは5αリダクターゼによって、デヒドロテストステロン(DHT)という、より強力な、活性化された男性ホルモンに変換されます。
そしてこのDHTが、毛乳頭内の男性ホルモンレセプターと結合する事により、毛乳頭や毛母細胞へ「髪の毛をつくるな!」と脱毛因子が指令を出します。

ホーム/次へ